電話が苦手な人でも伝言ダイヤルなら楽しむ事が出来る

最近ツーショットダイヤルを利用した際に女の子から聞いたのですが、電話が繋がってすぐの会話が苦手という男性が多いのだそうです。大体10分くらい話していると慣れてくるようですが、10分間もノリが悪いようだと女の子の方から切られてしまう事もあるとか。

日頃から電話していて慣れいれば別ですが、普段から電話していない人は電話での会話に慣れておらず繋がった直後の話題の展開が上手く出来ないのだと思います。

世間的には男性がリードするという風潮によるものだと思いますが、フリーで繋がるツーショットは男性からの攻めとなり女性は受けとなります。しかし、ツーショットダイヤルにはフリーツーショット以外にも伝言ダイヤルがあります。

伝言ダイヤルの場合、まずは女の子の希望やプロフィールが録音を聞いてから会話を始める事が出来るのでこちらは受けになります。

例えば、『テレHがしたい気分です。』『お洒落なバーで飲みたい』『食事の後にホテルでエッチしたい。』等の要求を元に会話を広げれば良いので、ツーショットのように『初めまして。』から始めて会話を探る必要性がありません。

このように、あらかじめ伝言ダイヤルを聞いた内容を元に会話のネタを探しておけば、会話が苦手な人でもある程度は話を展開させやすいのでフリーのツーショットが苦手な人は伝言ダイヤルを活用してみるのも良いかもしれません。

新着記事

コメントは受け付けていません。

PAGETOP