飲みデートで酔わせてセックスをヤルまで発展させる方法

ツーショットダイヤルなどを利用していると、単純な出会いから割り切りの出会いまで幅広く楽しめますが、意外に多いのが飲みや食事デートのお誘いだったりします。

初対面の女性をデートに誘う場合、こちらの下心を見透かされないように無難な食事や飲みなどのデートへ行く事で落ち着く事があるかと思います。

サシ飲みをしながら、『どうやって口説き落としてホテルへ連れ込もうか・・・。』と考えている人も多いと思いますが、そんな場合に使える口説き落とし方としては、『お酒に酔わせてセックスをする』のが、もっとも王道で確実な落とし方です。

しかし、女性達も私達と同様に心の内にエロ心を持っていますが、普段は自制心で押し隠しており普通に飲ませて酔わせるだけでは口説き落とす事は難しいのが現状です。

そこで、セックスに持ち込む為には、ただ酔わせるだけでは自制心を崩す事は難しく工夫が必要になります。

まずは、女性の警戒心を解いてお酒を勧める

初対面同士のサシ飲みであれば、乾杯後に相手の女性がどのくらいお酒を飲めて、どのくらいお酒に強いのか探ってみて下さい。そして、相手が気持ち良く飲める雰囲気作りをする事が非常に重要です。

飲み始めから下心が見え隠れするような会話は避けて、楽しくお酒を飲めるように場を盛り上げて行くと良いでしょう。

そして、早く酔わせたいからといって、無理矢理ペースを上げて強いお酒を勧めるようなやり方は、『こいつ酔わせる気だな・・・?』と不信感が高まったり、相手が体調を崩してしまう原因にもなるのでやめて下さい。

相手の女性が飲みやすいお酒や飲みなれたお酒を勧めて上げると効果的です。

ちなみに、ヤリマン系の警戒心の薄い女性であれば放っておいても勝手にお酒が進むので問題ありません。

徐々に酔わせていき、エッチなスキンシップで攻めていく

基本的には、場の雰囲気とアルコールの力を借りる事で、女性の判断力を鈍らせ自制心は崩し易くなるので、ある程度、場が盛り上がりお酒がすすみ始めたら、徐々にセックスをする為のスキンシップをはかって攻めていきましょう。

スキンシップといっても始めからお触りなどしてしまうと、いくら酔っているとはいえ警戒され下手すると帰られてしまうかもしれません。

なので、ツーショットダイヤル御用達でもある言葉責めを利用して、まずは『容姿を褒めるなど、色恋戦法』で、褒めちぎり気持ち良くなってもらいましょう。

ある程度お互いの距離感が縮まってきたら、手を握ったり、ボディータッチを増やして、徐々にセックスへのハードルを下げていく事が有効的です。

そして、良い雰囲気になったのを確認出来たら最後の仕上げです。

女性が潰れて寝てしまった状態でセックスに及んでしまうと強姦となってしまうので、ここからは、女性が潰れないようにほど良く飲ませるように気を付けて下さい。

後は、優しく介抱しながらさり気なく休める場所を探して連れ込んで下さい。二人の距離が縮まり、好感度が上がっていれば、ほぼ間違いなく断られる事もないはずです。

新着記事

コメントは受け付けていません。

PAGETOP